« イートインのお寿司いいです、三崎 豊魚 | トップページ | 慣性の法則について »

2007年10月 6日 (土)

六花亭の霜だたみ、すばらしい。

 あたしの生まれたところは、とっても暖かい場所で、四国でも珍しい無霜地域でした。
 なので、あたしは高校にバスで通うまで、霜を見たことがありませんでした。もっと言うと、霜柱を見たのは大学に入ってからのことです。
 学校の教科書やTVで知ってても、自分で体験してない間は、よく分かりませんでした。そのため、初めて霜柱に出会ったときは、うれしくて、しばし見とれてしまいました。その後、霜柱を退治しまくりましたけどね。

R0014478jpg


 京急百貨店の大北海道展には、六花亭も来ていました。いろいろなお菓子がありましたが、あたしが欲しかった霜だたみが残っていました。六花亭はいろんな催事で着てくれるのですが、霜だたみは数が少ないみたいで、ようやく買うことができました。 

R0014481jpg


 この霜だたみは、初霜が降りた朝、地面を踏みしめた時のあの音、あの感触を表現したお菓子だそうです。北海道の方にとって、初霜は厳しい冬の始まりを知らせるもので、嬉しいものではないでしょうが、良い意味、悪い意味を含めて、特別なんでしょうね。

R0014487jpg


 さてさて、霜だたみの袋を開けるとコーヒーの香りが広がってきます。アハッ、これは落ち葉が敷きつめられた地面に降りた霜なんだね。
 アッ、すごい、サクサクだ~。エッ、間のクリームは苦めのカプチーノなのね。これは大人のお菓子ですよ。サクッとパイをかむとほろ苦いカプチーノのお味がお口いっぱいに広がってきて、パイの美味しい味が再び広がってきます。パイの厚みとカプチーノクリームとの量のバランスが絶妙なんですね。美味しいな~。
 霜だたみは、一気に食べるんじゃなく、ゆっくりと味わいながら食べるお菓子ですね~。
 
ではでーたです。
店名:六花亭
住所:北海道帯広市西2条南9丁目6
品名:霜だたみ
値段:525円(税込)
評価:4.5

« イートインのお寿司いいです、三崎 豊魚 | トップページ | 慣性の法則について »

07.洋菓子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238092/30418039

この記事へのトラックバック一覧です: 六花亭の霜だたみ、すばらしい。:

« イートインのお寿司いいです、三崎 豊魚 | トップページ | 慣性の法則について »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想